中学受験で結果を出すには

中学受験は高校や大学受験と学校の成績とは関係なく中学受験専用の勉強をしなければならないという点が大きく異なります。
なぜなら、入試問題は小学校の教科書には載ってない難しい応用問題が出題されることが当たり前となっているからです。中学校や高校数学で学習するレベルの応用問題などが毎年当たり前のように中学受験の入試問題で出題されています。

クイズ番組で出題される中学校の入試問題を見て驚かれた方も多いのではないでしょうか。大人でも解答するのが難しい問題が多くあります。
このように難しい応用問題が出題される為、それようの学習が必要となります。いくら小学校の成績が良くても受験で合格するかどうかは別問題となるようです。

また、中学受験と高校・大学受験と大きく異なるもう一つの点は、お子様自身が意義を持って勉強している子はほんの一握りにすぎないという点です。
大抵は家庭の環境や親の意向などがあり、たとえ自らが受験をすると言った場合でも、小学生は未熟ですので、誰かが計画的に学習をすすめる管理をしてあげないと受験という大きな壁は乗り越えられません。

また、お子様1人1人の性格や学力も異なりますので、1人1人にアドバイスする必要があります。
そして中学受験を考えているという事は明確な受験校が決まっていると思います。志望校ごとに対策がきちんとある塾を選ぶと良いでしょう。愛媛県行ってみない?